マクラーレン ホンダ

マクラーレンがホンダと公道用車開発でも協力する可能性が明らかに!

1988年から1992年までの間のF1世界選手権で活躍したマクラーレンとホンダが、2015年からホンダがエンジンを供給するかたちで、再度F1においてパートナーを組むことになりましたが、少なくともマクラーレン側には、そのパートナーシップを更に市販車の分野まで拡大する考えがあることが、マクラーレン・レーシングのトップへのインタビューで明らかになりました。



このインタビューは、英国の自動車専門誌AutoCarが行った英マクラーレンレーシングのトップへのインタビューの中で明かされ、「Our road car strategy at the moment has no other automotive partner and Honda would be a good place to collaborate.(我々のロードカー戦略には現在のところパートナーはいない。そしてホンダはコラボレートするには最適だ)」と語り、ホンダとの公道用モデル分野での提携に前向きであることを仄めかしたとのことです。

このインタビューからホンダの意向しだいでは、マクラーレンとホンダがコラボした最強のスーパーカーが発売されるかも知れない事をになります。ホンダも現在、新型のスーパーカーNSXを開発中ですが、この最強コラボのスパーカーは実現するのでしょうか。

現在ホンダが開発中のNSXプロトタイプの動画は[ホンダNSX(Acura)のプロトタイプの動画を公開!]をご覧ください。

コメントを残す