86 オープン トヨタ

トヨタのスポーツクーペ、トヨタFT86(米名「Scion FR-S」)のオープンバージョンは、ジュネーブモーターショーでコンセプトモデルトヨタFT86オープンコンセプトを披露するなど、量産を視野に入れているとも言われていましたが、噂のターボバージョン共々、そのプランが破棄されたと、米国メディアLeft Lane Newsが報じています。



トヨタ86のオープンバージョンとターボモデルは無し?

Left Lane Newsの記事によると、生産や開発を行うためには多大な投資が必要となるため、想定される少ない需要では、そのコストを正当化出来ないということがその破棄の理由であるとのこと。

しかし、その一方、Left Lane Newsによると、まだガソリンエンジンと電気モーターを組み合せたパワートレインを搭載したハイブリッドバージョンのFR-S(86/GT86)のプランはまだ生きているという。このハイブリッドバージョンのFR-S(86/GT86)は、生産にゴーサインが出た場合、2~3年後のフェイスリフトの際にラインナップに加えられる可能性があるそうです。

86 オープン トヨタ

[SOURCE Left Lane News via motorsounds

コメントを残す