トヨタ カローラ ハイブリッド

プリウス超え!トヨタ カローラ リッター33km!カローラ アクシオ、フィールダー”ハイブリッド”を設定!

トヨタ、同社のミドルセダンである、カローラにハイブリッドを追加して発売しました。ガソリン1リットル当たりの燃費は33.0kmを達成し、同社のハイブリッドカーのプリウスを超えた高燃費となりました。パワートレーンには、アクアにも搭載されている1.5リッターの1NZ-FXE型エンジンとリダクション機構付きのTHS IIを組み合わせたものが採用されました。ニッケル水素電池を備えるハイブリッドシステム+アトキンソンサイクル、クールドEGRシステム、電動ウォーターポンプによるベルトレス化等を組合せる事により、クラストップレベルの33.0km/l(JC08モード)の燃費を実現しました。


価格はアクシオが192万5千円~、ステーションワゴンタイプのフィールダーは208万5千円~となっています。尚、自動車取得税と自動車重量税が免税(100%減税)となります。インパネには、4.2インチカラー液晶画面のTFTマルチインフォメーションディスプレイを設定し、ハイブリッドである事を強調し、先進性がはかられているのがわかります。1960年代に発売し、トヨタの代名詞とも言われたカローラにハイブリッドを設定することで、一層のハイブリッドの普及、販売増大を狙った今回のカローラハイブリッド。これから発売される、フィットハイブリッド等も含め、さらなるハイブリッドの競争は激化しそうです。
トヨタ カローラ ハイブリッド 内外装

1 reply to this post
  1. ハイブリッドとガソリン車の価格差が大きい。 ハイブリッドを選択するには、ガソリン価格が200円/リットルになったとしても走行距離20万km以上必要でないか。 価格差が15万円前後でなければ経済的メリットは無い。

コメントを残す