新型 フィット デビュー

ホンダ新型フィット・フィットハイブリッド 発売間近!現在までに分っている情報

8月から受注がはじまり、9月にもフルモデルチェンジとなる新型フィット。もうすぐ手元に!と言う所まできています。そこで、今回はここまでにわかっている情報をまとめてみました。まずはハイブリッドですが、ご存じの通り国内最高となる36.4km/lに達成し、108.5馬力ののアトキンソンサイクルエンジン+30馬力のの組み合わせにより約135馬力のシステム出力となる見込みで、これはライバル車ともなるトヨタ アクアよりもスペック上は高いものです。実燃費の方がどうなのか非常に楽しみです。
 


 

エンジン構成とグレード

エンジン構成と共にグレードもわかってきました。約100馬力の1.3リッターエンジンを持つ”13G”、約130馬力の1.5リッターエンジンには15XとスポーティバージョンのRS、そしてハイブリットと、4つのバリエーションになると見られています。
ホンダ 新型 フィット 1

ハイブリッド車のグレード構成は”HV”、”HV F/L”、”HV S”とグレードがわけられ、ベースのHVが36.4km/lになり、装備が充実する”S”は31.4km/lとなり、価格は163.5~193万円の車両価格となります。ちなみにライバル車トヨタ アクアはベースグレードは169万円~となっており、価格の面でも一歩優位に立っています。
ホンダ フィット 新型

ハイブリッドではないエンジンモデルの燃費も非常に良く、13Gの4WDでも19.8km/l、13Gのベースグレードで26.0km/lとかなりの燃費性能となっています。今回フルモデルチェンジで、後部座席や荷室の広さにも磨きをかけたホンダ フィット。初期受注の割合で、ハイブリッドが比率が非常に高いとの情報もあり、人気の高さと比例して、納期の問題も発生しそうです。

コメントを残す