ベンツ 自動運転技術 Mercedes-Benz-Autodrive

ベンツの新技術による自動運転実用化へ

メルセデスベンツが「Mercedes-Benz」、開発段階の自動運転 新技術INTELLIGENT DRIVE(インテリジェント ドライブ)を搭載したメルセデスベンツS500「Mercedes-Benz S500」を披露し、そのテスト模様を動画共有サイトで公開しました。メルセデスベンツによると、インテリジェント ドライブを搭載した開発車両が、ドイツ国内のマンハイムからプフォルツハイムまで103キロメートルを自動運転する事に成功したとの事です。

ベンツ インテリジェントドライブ(自動運転技術)動画

>ベンツによる自動運転技術は、まだまだ開発段階ですが、動画を見るとかなり精度が良く完成度が高いです。今回のテスト走行は、ベンツが1886年に当時のベンツの開発者であるカール・ベンツ「Karl Friedrich Benz」氏の妻、バーサ・ベンツ「Bertha Benz」とが1888年に世界初の自動車でのロングドライブ走行したとされる、ドイツ国内のマンハイムからプフォルツハイムまで103キロメートルの道をたどったと発表されています。市販車にこの技術が入るのは2020年以降との事ですが、21世紀の非常に複雑で激しい交通事情を最新の技術を駆使する事によって、走行テストは成功した模様です。近い将来、ベンツに投入されると締めくくっています。

このベンツの自動運転技術であるINTELLIGENT DRIVE(インテリジェント ドライブ)のテスト動画を見て様々な賛辞のコメントが寄せられています。
すごくスムーズに自動運転してくれて路駐もちゃんと避けてくれる。
こんなにスムーズだとどれだけハイスペックなPC入ってるんだろう?
日産も同じ技術を開発していて2020年には市販するとの事でこの自動運転シスタムはかなり期待しています。
これが搭載されれば事故が少なくなるし渋滞が減るのがいいね。

米グーグルをはじめ、色々なメーカーが自動運転技術を開発している現在ですが、ベンツは自動走行という最先端の技術を投入する事によって一般大衆車との更なる差別化を図れる事は間違いないでしょう。

コメントを残す