アルファロメオ 内装 リーク画像

アルファロメオ ジュリエッタ画像リーク! フランクフルトモーターショーで披露へ!

2009年にアルファロメオ 147「Alfa Romeo 147」の後継車両として、往年の名車アルファロメオ・ジュリエッタ「Alfa Romeo Giulietta」を復活させた事は、つい最近の事の様ですが、2014年に、フェイスリフトすると米国のメディアがリポートしています。外装の写真がまだ出ていませんが、恐らく、アルファロメオの特徴でもあるグリル周りとヘッドライトの形状などが変更されると予想されています。


 

アルファロメオグリル形状のステアリングハンドルが見て取れます。

アルファロメオ 内装 リーク画像 ステアリング
今回リークされてきた画像は内装の画像です。一枚でありますが、アルファグリルの様な形状の新しい形状のステアリングホイール、5.5インチのタッチスクリーンが採用され、センタートンネルのインサートやドアパネル・ダッシュボートトリムの変更が見て取れます。

現行のアルファロメオ ジュリエッタはかつてピニンファリーナに在籍していた現フィアットグループのデザインディレクター、ロレンツォ・ラマチョッティが統括するアルファスタイリングセンターの作品で、ボディサイズも4,350mm×1,800mm×1,460㎜と絶妙のサイジングとデザインで人気のある車種です。コンパクトカーではありますが、プレミアムコンパクトとしての価値を更に高めてくることは間違いありません。なお、9月10日からの開催される2013フランクフルトモーターショーで、デビューすると米国メディアは報じています。

コメントを残す