NIGO エイプ 迷彩 ベンツ300SL 

ベンツ300Lをはじめロールスロイス、フェラーリ、ブガッティまでもがベイシングエイプの迷彩柄になっていた!

現在も一部の若者や海外で人気のあるブランド、ア・ベイシング・エイプ「A BATHING APE」、会社自体は最近色々あったみたいですが…そのア・ベイシング・エイプのデザイナーであり社長でもあるNIGO氏は、ブランドの宣伝も兼ねて愛車を、ブランドのトレードマークを入れた迷彩柄、通称エイプカモ柄で車を塗装していたとの事です。トップ画像はメルセデスベンツ「Mercedes-Benz」の名車 300SLで、美しいボディラインとガルウイングが特徴の、300SLが迷彩柄になっています。凄い迫力です。
 

ロールスロイス ファントム「Rolls-Royce phantom」、ブガッティ ヴェイロン「bugatti veyron」、フェラーリ458 GT3「Ferrari 458 GT3」も大胆迷彩柄!

※画像をクリックすると大きくなりスライドショーになります。

現在は、43億の借金のため株式会社ノーウェア(ブランド・エイプ「A BATHING APE」有するアパレル会社)を中国企業に売り、2年契約でデザインをしているそうです。それでも嫁(女優:牧瀬里穂)さんとは夫婦円満なんだそうです。借金いっぱいでも勝ち組ですね (笑)

ちなみに今現在は何乗っているのかすごく気になるところです (笑) 

コメントを残す