ジャガー cx75 Jaguar c-x75

ジャガー8気筒エンジンをラインナップから排除へ

ジャガーは、年々厳しくなる燃費基準のために将来的V8エンジンを廃止する可能性があると、ジャガーのプロダクト&マーケティング部門のディレクターSteven de Ploey氏への取材を元に、オーストラリアのメディアDrive.com.auがリポートしています。

ジャガー、ハイブリッドの可能性を探る

現在のジャガー。エンジンラインナップは、5.0L V型8気筒自然吸気エンジンとそのスーパーチャージャー仕様、2.0L 4気筒ターボエンジン、3.0L V型6気筒ディーゼルターボエンジンに、新型ジャガーFタイプでデビューしたV型6気筒スーパーチャージャーエンジンで構成されていますが、この内のV型8気筒エンジンについて、ジャガーのディレクターSteven de Ploey氏は、「私達はV8エンジンに固執していない」と語ったそうです。

しかし、その一方で10年後に必要となる代替が決定していないとも述べ、現時点では、ジャガーのハイブリッドコンセプトモデル、ジャガーC-X75に搭載されていた1.6L 4気筒ターボベースのハイブリッドドライブトレインのようなエンジンの可能性を探っていることを語っています。

コメントを残す