フォルクスワーゲン VW-UP ロングホイール開発

VW UP フォルクスワーゲン アップ!!のロングホイールベースバーション

フォルクスワーゲン「Volkswagen」が、自社のエントリーモデルのとされているコンパクトカー、フォルクワーゲン UP!「Volkswagen UP!」のロングホイールベースバージョンを開発中と、英国のメディアがリポートしています。フォルクワーゲン UPは、ボディサイズが軽自動車より一回り大きく、日本車の1リッタークラスのコンパクトクラスよりやや小さいと言う絶妙なサイジングと、燃費の良さで人気の車種です。


 

VW UP フォルクスワーゲン アップ!!のロングホイールベースバーションの概要

フォルクスワーゲン UP!のロングホイールベースバージョンは、現在の仕様よりも室内空間を多くするために開発されていると想定されていますが、まだ詳細は明らかになっていませんが、販売する市場は、欧州や中国市場ではなく、おそらく限定された市場とレポートしています。広い室内空間を求める市場としてはアメリカ市場ではないかと予想されます。日本市場での販売等にはふれてはいませんが、需要とのバランスによっては、あり得るのかもしれません。

コメントを残す