ベンツAクラス 試乗 評価

メルセデスベンツAクラス 3代目 W176型

メルセデスベンツAクラスは、先代に比べ全長を約400mm延長する一方、Bクラスと同じプラットフォームを採用したことでフロアの高さを低く抑えられ、その結果、全高を約160mm下がり、スポーティーなフォルムになるとともに、Cd値を0.26と大幅に向上させることに成功しています。そんなメルセデスベンツAクラスに試乗したYASUさんの評価です。

メルセデスベンツAクラスに試乗したYASUさんの評価

ベンツAクラス試乗 評価

新型Aクラスの試乗記です。

試乗したのは1番ベーシックなメルセデスベンツA180ブルーエフィシェンシーです。
新型Aクラス、背が低くなってかっこいいですよね。
何処となくインプレッサに雰囲気が似ていて気になっていました。実際運転しても、レガシィの幅のインプレッサに乗ってるような感じで、すごく乗りやすいんですよ座ってるポジションも低くて落ち着きます。

この前仕事で乗ったEクラスがかなり乗りやすかったのでAクラスもコンフォートな感じなのかな?と思っていましたが、意外とAクラスは足も硬くスポーティー
『ベースの17インチの普通の足でここまで硬いんだ』と思いました。営業さんもお勧めはスポーツですが、乗り味のバランスが取れてるのはこの17インチの素の仕様ですね。と言われていました。

『なんでこんなに硬いんだろう?』と思ってたのですが、営業さんの言葉で納得。この車、ランフラットタイヤを装着しているそうで・・・

なるほど納得です。この角のある硬さはそれですね・・・と
ランフラットではなく普通のタイヤを履いたらベンツらしい乗り味になりそうですが、スペアタイヤなどのスペースの問題でしょうね。

ハンドリングは、きびきびしていて、ハンドルの動きに忠実で、意のままに曲がってくれる印象。素の仕様ですごくピタッとコーナリングが決まるのでここでもスポーツはいらないな。という印象です。

エンジンは1.6Lターボですが、アクセルを踏むと、踏み始めは加速が穏やかですがそこから上はスムーズにぐんぐん加速してくれます。燃費重視であえて、踏み始めを穏やかにしてるらしいですが、なるほど、納得です。

価格も素の仕様で284万円・・・ HIDやセンサーを付けると300万ちょっとだと思いますが、なかなか戦略的な価格ですよね。

新型Aクラス、気に入りました。

YASUさん紹介

過去スバル レガシィ・インプレッサ・フォレスターとプリウスを歴代乗り継ぎ、現在はスバル インプレッサ スポーツとトヨタ プリウスPHVを所有。趣味は車・バイク,ドライブ・旅行,インターネット,映画,グルメ


コメントを残す