ランボルギーニ Lamborghini
 
ランボルギーニが愛知県尾張旭市内の市道を走行中、道路のくぼみがあったために車体に傷がついた事に、26日の市議会で関連議案を可決され市が修理費約200万円を支払うことになったと朝日新聞が伝えています。

市によると、この車は市道で、すり鉢状のくぼみにはまり傷がついたそうです。路面は見た目は平らだが、長さ約4・5メートルにわたってへこみ、最大の深さは約8センチ。ここを通過する際、車体の底を保護するアンダーパネルと前後のバンパーが傷ついたという。車は車検を通っていた。

弁償する修理費は201万2500円で、市が加入している損害保険から支払われるそうです。既に車体の修理は完了し、道路の補修も済ませたとの事。

オーナーの気持ちも分かりますが、市が払うというのはどうなんでしょう?

そういった場所を探して、市相手の当たり屋行為が増えそうな気がしてならないのはy_sだけでしょうか・・・

コメントを残す