BMW 1シリーズ

BMW1シリーズに4ドア セダンも追加!?

BMWのエントリークラス、BMW1シリーズは、3ドアと5ドアのハッチバックモデルが既にリリースされており、それらにクーペとコンバーチブル、そして前輪駆動ベースMPVのBMW 1シリーズ グランツーリスモがラインナップされる事になっていますが、更に4ドアセダンモデル”BMW 1シリーズ セダンも、2017年頃にラインナップに追加される計画であると、自動車専門のメディアAutomotive Newsがリポートしています。


BMW1シリーズ セダンにはプラグイン ハイブリッドも設定?
アウディA3セダンや、先頃日本でも発売が開始されたメルセデスベンツCLAなどに対抗するモデルになる1シリーズ セダンは、現在New Entry-level Sedanというコードネームで、エンジニアや設計者が仕様を検討を行う段階にあるとのことです。

そのメカニズムについては、1シリーズ ハッチバックが採用するFRベースのプラットフォームでは無く、1シリーズ グランツーリスモと同じ、FFベースのプラットフォームが用いられることになるようです。また、搭載されるパワートレインに関しては、3気筒と4気筒のターボエンジンの他に、プラグインハイブリッドも設定される可能性があるそうです。

続々と新型モデルを開発中のBMW。リリース間近のBMWアクティブツアラーにカモフラほぼ無い姿が明らかになっているBMW 2シリーズ。そして3列シート7人乗りミニバン タイプのBMW 1シリーズ グランツーリスモ。や、先日、開発車両が撮影された4ドアクーペの4シリーズ グランクーペ。そしてBMW2シリーズのグランクーペの噂もあります。

情報を整理する為にも近々BMWの開発中モデルのまとめ記事を書こうと思います。

コメントを残す