コルベット キャラウェイ ワゴン 1

シボレー コルベットベースのコルベットエアロワゴンを発表!

2014年モデルとしてフルモデルチェンジをしたシボレー「Chevrolet」のスポーツカー、コルベット スティングレイ「Corvette Stingray」をベースとしたキャラウェイ「Callaway」社(※1)からのコンセプトモデルであるシボレー コルベット C21 エアロワゴン コンセプト「 Chevrolet Corvette C21 AeroWagon Concept」が販売に踏み切る事を発表し、自社WEBサイトにも掲載しました。(トップ画はコンセプトモデルのCG画像)

キャラウェイのコルベット エアロワゴン コンセプト画像

コルベット キャラウェイ ワゴン

※1 キャラウェイは、シボレーコルベットベースのハイパフォーマンスカスタムモデル、キャラウェイ C16 スピードスター「Callaway C16 Speedster」(650hpのスーパーチャージャー付の6.2リッターエンジン搭載)や、シボレーカマロベースモデルのキャラウェイ カマロ SC572「Callaway Camaro SC572」(572hpのスーパーチャージャー付の6.2リッターエンジン搭載)等のチューニングにも定評のあるカスタマイズメーカー。

今回発表されたシューティングスターバージョンともとれる、シボレー コルベット C21 エアロワゴン コンセプトは自社WEBサイトにもコンセプトとしながらも、通常のコンバートモデルと同じように、商品として並んで掲載され、購入を募る特設ページを作成しています。コンバートするにはベースとなるシボレー コルベットの価格+15000ドル程度となる見込みとしています。

自称ワゴンと言うちょっとバカにした表現をしてる人もいると風の噂で聞きましたが、、ハイパフォーマンスカーベースの、全高の低いワゴンスタイルは欧州ではメジャーな流れとなっていて、ベンツのCLSクラス シューティングブレイク「Mercedes-Benz CLS 63 AMG Shooting Brake」(583ps)や、ポルシェパナメーラ スポーツツーリスモ「porsche panamera sport turismo」(HVで416ps)等(下記画像)もあり、自称ワゴンなどと言うバカにした表現は使うのは車好きからすると、ちょっと理解できません。いい意味で馬鹿げてて素敵ですけどね(笑)
※特定の個人・企業を差しているわけではありません。

ベンツ シューティングブレイク CLS

ポルシェ パナメーラ ワゴン

このコンセプトモデルが実際販売されるか、それともコンセプトで終わるかはまだわかりませんが、そのコルベットのワゴンモデルとなると、公の場に出る事を筆者は、非常楽しみにしています。

コメントを残す