ベンツ GLK スパイショット

メルセデスベンツ 次期GLKクラス

2008年より販売されているメルセデスベンツ GLKクラス「Mercedes-Benz GLK-Class」はサイジングは絶妙で、日本の道路事情にも適合し、売れ行きにも期待がかかっていましたが、構造上右ハンドルが作れないという事情もあってか、かなりの苦戦を強いられています。国外でも右ハンドルを作れないが為に販売していない国もあり、販売は好調とは言えない状況で、早めのモデルチェンジが期待されていましたが、ここで開発中のGLKクラスの車両がカメラにおさめられました。

メルセデスベンツ 次期GLKクラス 開発車両画像

ベンツ GLK スパイショット2

ベンツ GLK スパイショット3

かなりカモフラージュが強い状態のGLKクラス。スクエアなシルエットに直立したデザインは、現行モデルとデザインの方向性は似ているように見えます。ただこれからもう少し煮詰めていくのは間違いないと思われています。次に販売される予定のSUVモデルのメルセデスベンツ GLAクラス「Mercedes-Benz GLA-Class」に大きな期待が寄せられていますが、こちらはかなり流涎的なデザインになると考えられ、その差別化と言う意味では、スクエアなデザインとなるのは必然ともとれます。

次期ベンツ GLKクラスは、2015年モデルのCクラスとプラットフォームを共有する事になり、パワートレインも共有されるのではないかと予想されています。PHV、ディーゼル、更には3.5リッターV6エンジンの搭載が予想されます。中でもディーゼルは新開発の、2.1リッターターボディーゼル直4エンジンが搭載されるとみられています。2014年のデトロイトモーターショーには、Cクラスと一緒に公開される予定です。

コメントを残す