マクラーレン P1

マクラーレンP1を開始!

マクラーレンのスポークスマンは、オランダのメディアTelegraahの取材に対し、2013ジュネーブモーターショーで正式に詳細なスペックとともに発表された275台のみの数量限定で生産される特別限定モデル、マクラーレン「McLaren P1」の生産を開始したことを明らかにしました。

マクラーレンP1 スペック

マクラーレンP1は、MP4-12C同様ディヘドラルドア、カーボンコンポジット製モノコックを採用され、ブレーキはF1マシンでも提携している日本の曙ブレーキ工業製で、ブレーキディスクは新開発のカーボンセラミック製。タイヤはピレリとの共同開発。
サスペンションは公道モードからレースモードまで4段階に調節可能。リアウイングも公道モードの120mmから、レースモードでは300mmまで上昇。
 
マクラーレン mclaren p1
 
エンジンもMP4-12Cと同じ3.8リッターV8ツインターボを搭載するが、最高出力は737PS/7,500rpmに高められ。さらにF1のKERSに似たIPAS(アイパス)とよばれるハイブリッドシステムが搭載され、179PSの電気モーターのアシストにより最高出力916PS、最大トルク900Nmを発揮させる。モーターのみでも10km以上のEV走行が可能。バッテリーの充電へはアクセルオフ時のエンジンからか外部充電で回生ブレーキは使用していません。

0-100km/h加速値3.0秒未満、最高速度350km/h(リミッター装着)という、極めて高い動力性能を有していると発表されています。

また、エクステリアのデザインは野生動物からインスピレーションを得たとしてしています。

ベース価格で966,000英ポンド(約1億5,000万円)と、かなりの高価格にもかかわらず、既に限定数275台がほぼ完売していると伝えられています

コメントを残す