高級車ランキング ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ・ヴィテッセ ジャン・ブガッティ

5位 ゼンボ ST1 1億7700万円

デンマーク初のスーパーカーとしてデビューした、ゼンボ ST-1「Zenvo ST1」。まさにスーパーカーと言った大胆なデザインにGM製の7.0リッターV8スーパーチャージャー&ターボ付きエンジンは何と最高出力1104ps!!ボディサイズがかなり大きく見えますが、車重は1376kgと非常に軽量になっています。

高級車ランキング ゼンボ ST1

高級車ランキング ゼンボ ST1

こちらは、10位に入ったキーティング・ボルトと似ていて、エンジンも同じGM製の7.0リッターを使用し、ハンドメイドで15台のみ生産されるとのことです。ゼンボは今後3年間で他に2台のスーパーカーを出すともしており、非常に楽しみなメーカーです。

4位 ケーニグセグ アゲーラR BLT 2億円

スウェーデンのスーパーカーメーカー、ケーニセグ「Koenigsegg」の誇るスーパーカー、ケーニグセグ・アゲーラ「Koenigsegg Agera」のハイスペックバージョンを更にチューニングを施した、ケーニグセグ アゲーラR BLTは、最高出力1140hpの、5.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速は2.9秒。最高速度は390km/hとなっています。

高級車ランキング ケーニグセグ アゲーラR BLT

高級車ランキング ケーニグセグ アゲーラR BLT

じつはこのモデルは中国の顧客向けに特別に製作されたモデルなので、全く同じものは購入出来ないかもしれませんが、この車を購入した方が、関税を支払いたくないため、密輸して政府に押収さてしまいました。現在どこにあるかは不明です・・・

3位 ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ・ヴィテッセ ジャン・ブガッティ 3億円

やっと出ました!ここ何年かで一気に知名度をあげ、最速のスーパーカー、そして超高額の車として有名になった、ブガッティ ヴェイロン「Bugatti Veyron 16.4」。正式車名の「16.4」はV8気筒×2のW16気筒 + 4ターボチャージャーの意味を持ちます。W16に4ターボチャージャーって・・・しかし、実はヴェイロンは標準モデルは2011年に、もう販売は終了しているのです。

なので、高級車ランキングに入るのはおかしい・・と思いきや、オープンモデルは販売が継続されていて、このブガッティ ヴェイロン グランスポーツ・ヴィテッセ ジャン・ブガッティ等、やたら長いネーミングで、特別仕様車として限定販売しているのです。ちなみに、こちらは3台だけの限定車。ブガッティ創業者の子息である、ジャン・ブガッティ氏に敬意を払って製作されたモデルとなっています。

高級車ランキング ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ・ヴィテッセ ジャン・ブガッティ

高級車ランキング ブガッティ ヴェイロン グランスポーツ・ヴィテッセ ジャン・ブガッティ

性能の方は当然1200馬力の8リッターエンジン、最高速到達には11km以上の直線が必要であり、そこから止まるまでに更に500mが必要と言う。日本では確実にオーバースペック(このページにある車全てですが…)、ちなみに、最高速巡航時の燃費がは0.8km/hで100リッターのタンクが12分で空になるそうです。要するに、1分あたり10リッターのガソリンを消費していることになります。むしろ垂れ流す方が難しいレベルの消費量・・・

2位 ライカン・ハイパースポーツ 3億2300万円

ヴェイロン超えの2位には、ライカン・ハイパースポーツ「Lykan Hypersport」は、アラブはレバノンにある、Wモーターズと言うスーパーカーメーカーが、カタールのモータショーに出展し、世界最高の金額と、そのデザインで注目された車です。内装にはダイヤや金が使用され、LEDヘッドライトにダイヤモンドコーティングをするなど、完全に成金趣向のスーパーカーです。キーまで宝石が散りばめられているとか。

高級車ランキング ライカン・ハイパースポーツ

高級車ランキング ライカン・ハイパースポーツ

ちなみに、こちらは最高出力760psの水平対向6気筒のツインターボ付きエンジンを搭載し、0−100km/hは2.7秒。最高速は394km/hと発表されています。正式には発表されていませんが、エンジンはポルシェのチューニングメーカーとして名高い、RUF社が製造しているとのことです。なので、水平対向6気筒(通称フラット6)エンジンと言うわけです。

現在開催中のドバイモーターショーにも、出品されていますが、ドアの開き方もえげつないです。

1位 ランボルギーニ ヴェネーノ・ロードスター 4億4,200万円

1位はあのンボルギーニの特別限定仕様車で販売がアナウンスされたばかりの、ランボルギーニ ヴェネーノ・ロードスター「Lamborghini Veneno Roadster」。スーパーカーと言ったら、ランボルギーニ!と言うイメージは間違っていないということですね。

スペイン語で毒を意味する、Venenoと名付けられたモデルのオープンモデルですが、カラーリングも相まって、更に名前に相応しいモデルとなったとも言えます。

同社のフラッグシップ車であるアヴェンタドールにも搭載されている6.5リッターV12エンジンを、更にチューンアップした750psをリアミッドに搭載し、フルCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)のボディで、最高速は355km/h、0-100km/hは2.8秒。

高級車ランキング ランボルギーニ ヴェネーノ・ロードスター

高級車ランキング ランボルギーニ ヴェネーノ・ロードスター

3台限定発売された、ランボルギーニ・ヴェネーノのオープンバージョンは、太っ腹にも3倍生産!と言っても9台なわけですが。。。どんな方が買うのでしょうか。ちなみに、ベースとなっているランボルギーニ・ヴェネーノは、全てアメリカ人の方が購入されたそうです。そして、すでにこの9台もオーナーが決まっているとか・・・・キャンセル待ちをするしかない!

ちなみに、こちらは本物のオープンモデルで、屋根はありません。装着も基本的に出来ません。ストイックすぎる・・・

参考記事
[ランボルギーニ ヴェネーノ購入者が発覚!黒人ラッパー含む全員アメリカ人]

以上で高級車ランキング2013年版は終わりとなりますが、昨年で販売終了になっている、アストンマーチンのOne-77や、Ferrari 599XX等の億超えの車がいなくなっても、新しいスーパーカーがまた販売されると言う、凄い世界です・・・

ちょっと、予想外だったのが、GM製7.0リッターエンジンを使用している車が何台も入った所ですね。資金力はあるのだから、GMも自社でスーパーカー作ればいいのに(笑)

ページ: 1 2

コメントを残す