マセラティ [ MASERATI ]歴史


マセラティ[ MASERATI ]

マセラティ(マゼラーティ)(Maserati 発音例 )は、1914年にイタリアのボローニャで設立されたスポーツカーメーカーである。1993年以降はフィアット社の傘下となり、モデナを本拠とする会社組織「Maserati S.p.A.」が設立されている。フィアットのスポーツカー部門において、同じくフィアット傘下にある自動車メーカー・アルファロメオと統括され、高級車を製造・販売している。

 

マセラティ歴史

1919年 – アルフィエーリ・マセラティ(マゼラーティ)(Alfieri Maserati )が創業。弟のエットレ、エルネストの二人も参加。
1932年 – アルフィエーリ・マセラティが他界、兄弟のビンドが合流。
1937年 – 経営難のため、モデナの実業家アドルフォ・オルシ(Adolfo Orsis )に経営を譲渡、兄弟は10年間在籍するという契約を行う。
1947年 – 関連会社として”Fabbrica Candele Accumulatori Maserati S.p.A.”が設立され、スパークプラグやアキュムレーター等自動車部品を生産し、後モペッドやオートバイも生産した。マセラティ兄弟が会社を離れ、O.S.C.Aを創立。
1960年 – “Fabbrica Candele Accumulatori Maserati S.p.A.”が倒産。
1965年 – シトロエン傘下になる。
1974年 – シトロエンを買収したプジョーと業務提携を結ぶ。
1975年 – プジョーとの契約を撤回、デ・トマソ傘下になる。
1993年 – フィアット傘下になる。
1997年 – フィアット傘下のフェラーリ傘下となる。
2005年 – フィアット直轄となる。東京モーターショーにはフェラーリと合同ブースを設け出品。
2010年4月5日 – 日本法人「マセラティジャパン株式会社」(Maserati Japan Ltd.)を設立。2011年1月1日に事業開始。
 

マセラティ紋章 ロゴ

ロゴマークはマセラティ創業の地、ボローニャのシンボルの1つである『ネプチューンの噴水』に因み、ネプチューンの持つ三叉の銛、“トライデント”がモチーフとなっている。またマセラティ三兄弟の結束を表す。

 

[ ソース http://ja.wikipedia.org/




コメントを残す