ワイルドスピード X2 車 登場 車種 2-Fast-2-Furious-car

ワイルドスピードX2「2 Fast 2 Furious」

ワイルドスピード・シリーズの2作目。1と同じくストリートレース及びスポーツコンパクトを題材にしたカーアクション映画でマイアミが舞台に変更されています。ヴィン・ディーゼルはギャラが折り合わず(噂)出演していません。
 


 

ワイルドスピードX2登場車一覧


日産 BNR34 SKYLINE GT-R

ワイルドスピード X2 車 登場 車種 2-Fast-2-Furious-car-1
助手席を外しNX社製ナイトラス・オキサイド・システムを多連装で搭載、C-WEST製エアロパーツを装着。他にも、A’PEX]製のEL式追加メーター、HKS製の排気システム、HITACHI製の電気式4WDシステムを搭載。

トヨタ JZA80 スープラ RZ

ワイルドスピード X2 車 登場 車種 2-Fast-2-Furious-car-9
序盤のバトルで登場。そのバトルで橋からジャンプした後で、着地時の姿勢制御ミスによる衝撃によりフロント足回り破損により制御不能になりそのまま看板(PEPSIの看板)に激突したが、後に修復されて終盤でも登場していた。

ホンダ AP1 S2000

ワイルドスピード X2 車 登場 車種 2-Fast-2-Furious-car-2
ピンク。スーキーの愛車。VeilSide製エアロパーツを装着。他はROJA製のアルミホイール。NX社製ナイトラス・オキサイド・システムを搭載、A’PEX製のEL式追加メーター、モニタリングコンピュータ(架空のシステム)、バトルで橋からジャンプした時にフロントスポイラーが外れるが後に元通りに修復され、終盤でも別の女2人が運転して登場していた。

マツダ FD3S RX-7

ワイルドスピード X2 車 登場 車種 2-Fast-2-Furious-car-4
レッド。序盤のバトルで、ドライバーがブリッジジャンプを躊躇し思いとどまった為に無傷。ストーリー終盤のスクランブルでも再登場する。他色も登場する。

アキュラ NA1 NSX

ワイルドスピード X2 車 登場 車種 2-Fast-2-Furious-car
テズの愛車。

三菱 CT9A ランサー エボⅦ

ワイルドスピード X2 車 登場 車種 2-Fast-2-Furious-car-5
ブライアンの搭乗車。DAMD製エアロパーツを装着。NX社製ナイトラス・オキサイド・システム、A’PEX製のブーストメーターを搭載など。フロントスカートの中央にRALLIARTのロゴに加えサイドにバイナルグラフィックスとパナソニック製のカーナビゲーションを施していた。他はRAYS製アルミホイール。




三菱 エクリプス スパイダー

ワイルドスピード X2 車 登場 車種 2-Fast-2-Furious-car-6
ローマンの搭乗車。NX社製ナイトラス・オキサイド・システム、TLC製のブーストメーターを搭載、アルミホイールはレーベンハート製(タイリースが個人で仕入れたものを使用している)。ランエボⅦと同様、フロントスカートに同じラリーアートのロゴを施していた。エアブラシによるグラフィカルなカスタムペイントは当初、映画の美術班がクモをモチーフにデザインしたものだったがタイリース(ローマン)が色とデザインの面で気に入らなかったためタイリース]が自分でデザインし直した物を劇中では使用している。他にも序盤エピソードで女が運転するミント色の同車も登場。


シボレー・カマロ SS

ワイルドスピード X2 車 登場 車種 2-Fast-2-Furious-car-8
ブルーに白のストライプ。ランエボⅦとエクリプスに警察の発信機が付けられている事が判明したブライアン達が、代わりの車を手に入れるべく、互いのクルマを賭けて持ち主とレースを行う。抜きつ抜かれつした末にランエボⅦが時速200km以上で追い抜き、ブライアンがこの車を得る。助手席側にナイトロを装着し、シートが飛び出すように改造を施す。しかし作動不良で、エンリケを飛び出させようとしても飛び出さなかった。


ダッジ・チャレンジャー Hemi

ワイルドスピード X2 車 登場 車種 2-Fast-2-Furious-car-7
オレンジ。カマロと同様の経緯でローマンがこの車を得た。カマロ同様シートを飛び出し可能なように改造。こちらは上手く作動し、シートとドアごとロベルトをうまく海に飛び出させた。

コメントを残す