BMW iPhone 対応 iドライブ BMW-iDrive

BMWがsiriに標準対応

BMWのiDriveの最新版において「Siri」とサムスン「S voice」(iPhone・サムスンの音声操作)への対応が発表されました。今回新たに新機能が発表されたのは「iDrive」と「ConnectedDrive」の二つで、テレマティクスサービスの一種です。単なるオーディオ・ナビだけでなく、現在ではLTE網を通じたオペレーターサービスはもちろん、各種SNSとの連携や各種安全装置とのリンクを実現しています。




ステアリングの「ハンズフリーボタン」を長押しすることでSiriなどが起動される仕組みが採用され、天気予報や電話をかけるといったことが手軽に行えるようになります。

米国では、今後すべての車種で利用できるようになるとしており、2014年モデルのEセグメント以上のモデルには標準で搭載されるそうです。

近ではアウディにNVIDIAのTegra3(スマートフォンのSocでPCのCPUと同じ)が搭載されていますが、それらのSoCには通信モジュールが組みこまれている点も大きな進化を後押していると言えそうです。以前、[アウディがスマホから車をコントロール出来るシステムを開発!]と記事にしましたが、今後更にテレマティクス分野は盛り上がりを見せていきそうです。

[Source BMWblog via ggsoku



記事がおもしろかったら、『いいね!』・『シェア』・『ツイート』よろしくお願いします <(_ _)> by  (y_s)


  REPORTS / 記事一覧へ>>>>>>



コメントを残す