レクサス IS 販売台数 9倍 Lexus-IS-

レクサスISが発売1カ月で目標9・5倍を受注!

レクサス(トヨタ自動車)は、5月16日に発売した新型レクサスISの受注状況について発表しました。5月16日から6月16日までの約1カ月で、IS350・IS300h・IS250の3モデル合計で約7600台を受注。このうち、パワートレーン別の受注台数内訳は、ガソリン車が約2100台、ハイブリッド車が約5500台となっています。


これは発売時に月販目標台数として設定した800台の約9.5倍にあたる台数で、この理由については以下が評価された結果だとしています。

「『スピンドルグリル』の採用で一目でレクサス車と分かる統一感」

「ISならではのスポーティなエクステリアやLFAをモチーフとしたインテリアなど、レクサスのスポーツセダンにふさわしい内外装」

「『レーザースクリューウェルディング』『構造用接着剤』といった新技術の採用による高いボディー剛性」

「基本性能を磨き上げて実現したエモーショナルな走り」

「新開発ハイブリッドシステムによるクラストップレベルの高い環境性能(JC08モード走行燃費23.2km/L、CO2排出量:100g/km)」

以前、[新型クラウン、若者の心つかみ納車まで2〜3カ月待ち!]と、記事にもしましたが新型クラウンも非常に好調である事が伝えられています。この調子で日産のように海外でもシェアを増やして欲しいものです。

記事がおもしろかったら、『いいね!』・『シェア』・『ツイート』よろしくお願いします <(_ _)> by  (y_s)

 

  REPORTS / 記事一覧へ>>>>>>


 

コメントを残す