電動 スクーター EV

Kickstarterで、提案されている電動スクーター「Scrooser」がシンプルでめちゃくちゃかっこいい。

米国キックスターター社「Kickstarter」が、余計な部品の一切ない超シンプルで超クールな電動スクーター「Scrooser」を提案しています。



この電動スクーター、一見大きなキックボードように見えますが、モーターはホイールに、バッテリーはフラットフロアに内蔵した電動スクーターです。最高時速は25km、リアホイールに組み込まれたインホイールモーターが直接タイヤを駆動するため、チェーンやベルト、ギアといった駆動パーツをなくし、エネルギーロスを最低限に抑えているのが特徴で、航続距離は35kmで最高速は25km/h。

電動 スクーター EV

ちなみに、この電動スクーター「Scrooser」を提案しているキックスターター社は、米国にある非営利企業で、自社のウェブサイトにおいてクリエイティブなプロジェクトに向けて資金調達を行う手段を提供している会社で、自主製作の映画、音楽、ジャーナリズムに向けての舞台芸術や漫画、コンピュータゲーム、食関連といった多種多様な試みに対して資金調達を行なっています。

キックスターターのプロジェクトには金を稼ぐために投資することは出来ず、感謝のパーソナルノート、カスタムTシャツ、プロジェクト関係者との会食といった形のある賞品やこの場でしか味わえない経験、もしくは新商品のお試しと引き換えにプロジェクトのバックアップのみを行えるます。


でも、この「Scrooser」、日本ではそのまま道路を事は出来ず、走らせるとしたら、保安部品や電装系の追加が必要です。そして気になる価格(出資金)は、3950ドル(約39万円)と、けっこうなお値段。

市販化されて、せめて10万以内になってくれればなーw
[Source kickstarter via gizmode


記事がおもしろかったら、『いいね!』・『シェア』・『ツイート』よろしくお願いします <(_ _)> by (y_s)



 

   



コメントを残す