ワイルドスピード 6 ユーロミッション

ワイルドスピード6 ユーロミッション オリジナルアニメ

米で人気のYouTubeチャンネル『How It Should Have Ended(HISHE)』 で、Fast and Furious(邦題ワイルドスピード6 ユーロミッション)の矛盾をついたオリジナルアニメが公開されています。



『How It Should Have Ended(HISHE)』は、有名映画の理想的なエンディングを、風刺を交えてアニメで描く専門チャンネルで、映画のストーリー展開は気にせず、つじつまが合うような結末をユーモラスに表現しており、米でとても人気のあるチャンネルです。

その『How It Should Have Ended(HISHE)』が、ド迫力なカーアクションが人気の『ワイルド・スピード』シリーズの第6弾(日本での公開は7月6日)を、あえて『サウスパーク』の切り絵風に同映画のストーリーの矛盾点を突いた突いた出来のいい作品となっています

ワイルドスピード 6 ユーロミッション Wild-speed-6-EURO-Mission

特にチェックしてほしいのは、”世界一長い滑走路”、”車と戦車の対決”や”毎回派手なアクションに巻き込まれるも不死身な主人公”といったところだろう。また、同映画のストーリーの時系列が、第3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の前となるため、過去のシリーズに関するジョークも盛り込まれている。

注、ネタバレ有り

[Source autoblog


記事がおもしろかったら、『いいね!』・『シェア』・『ツイート』よろしくお願いします <(_ _)> by (y_s)



 



コメントを残す