マツダ アテンザ 評価

アテンザの勢いはとまらない!購入した方たちの 評価まとめ

昨年モデルチェンジしたマツダアテンザ、以前ご紹介したマツダ アテンザ 発売から半年、購入した方の評価まとめが好評だったため、ご紹介いたします。
まちでも、ホント見かけるようになったと感じます。先日欧州セダンと並んで止まっているのを見かけましたが、何ら遜色ないデザインが魅力なのでしょうか。

トヨタウインダムからアテンザセダンXD”L”Packageに乗り換えられたkazu1396さん

【エクステリア】
全てはこれですね。はっと目を見張るようなデザイン。大きなボディ! これはデザインを生かすためのメリットだと思います。
私は赤を購入したのですが、素晴らしい塗装です。

【インテリア】
マツダは初めてですが、なかなか質感出ていて良いと思います。
パーツにカバーあっても良いじゃない?等、あら探しをすれば言いたいことはありますが。

【エンジン性能】
確かにディーゼルです。しかし振動は感じません。カラカラ小さな音がするのは事実ですが、とても小さく気になりません。
良く回りますが、やはり上の方はきれいに回りきるまでではないです。(それは判ってますので不満でもないのですが)
高めのギアで軽くアクセル踏んだような時、とてつもないトルクを感じますね。ほんと、凄いエンジンです。

【走行性能】
良く走りますね。フロントヘビーは間違いないのですが、そうは感じません。FFとかFRとか考えずに走っていける感じです。
トルクステアも良く抑えられています。直進性だけが少々足りないかな?と感じましたが、これは好みですし、トーを少し入れてあげれば劇的に変わると思います。

【乗り心地】
私は固いとは思いません。
初代プリメーラはもっと固かったと記憶していますが、当時は絶賛されていましたね。ふわつきも無く、しまった良い乗り心地と思います。

【燃費】
良いのは当たり前ですね。時速100キロでもう少し伸びてくれると嬉しいとも思います。特にアイドリングストップはとても効いていると思います。

【価格】
ウインダムに乗っていましたが、金額帯が同じくらいです。カテゴリーも大型大衆車で同じです。(Dセグメント)
確かに細かな仕上げはウインダム上です。全部付の安全装備やエンジンに掛かっている手間暇、ディーゼルターボ故のパーツの多さ。これで金額が変わらないので、高いとは感じていません。

【総評】
赤いボディに白シートを見て購入。手元に来ると、朝や昼や夜や照明の違いで色が変わりまくります。
良く走りますしかっこいい。カラカラ音なんてかわいいものです。大満足の一台です。

アテンザのAT,MT,BMW320iと試乗し、アテンザXD-Lをご購入されたやまだ三郎さん

【購入の背景】
私個人の客先訪問などの仕事にも使えて、燃費が良くて、運転が楽しい車ということでクルマ選びを開始。今回は、他に国産スポーツカーは維持したままの増車になります。
今買うならやっぱクリーンディーゼルでしょうと。そして、追突低減デバイスとアクティブクルーズコントロール(ACC)は必須。できたらMTがいいなぁ~ということで考えだしました。
アテンザは、本来のライバルはフォード・モンデオからVWパサート辺りで、320と比べるのは筋違いと思いますが、恐れ多くもBMW様との比較にて以下記します。
最終的には、XD-Lにナビ含めて70万円のD-OP付きと、素のBMW320iの6MTでの検討なりましたが、安全デバイス欲しいと言うことで、XD-Lで契約しました。

【エクステリア】
BMWはやっぱり格好良いなと思いますし、デザインも確立されたものを感じます。それに対して、アテンザにはマツダデザインが何か掴んだのかもと期待を感じさせるものがあるように思います。

【インテリア】
全般的な高級感はやはりBMWの方があると思います。アテンザに乗って一番に感じたのは、シート・ベダル・ハンドル・シフトレバーの位置関係が素晴らしいということ。相当にこだわった作り込みがされているように思いました。サイドブレーキは最後のアクティブ・セーフィティ・デバイスと思っているので、レバー式のサイドブレーキもうれしい装備です。
シートは、BMW320のスタンダートシートだったら、Lパケのレザーシートの方がいいと思いました。
マウント方式は異なるものの、両車共ナビ画面をダッシュボードの一番高い位置に持ってきていますが、これは視線の移動が少なくなるので、良いと思います。
Lパケのレザーシートの印象が良く、それとACC使うならATでしょうと思い、XDなら6MTではなく、Lパケ選択になりました。Lパケに6MTがあれば、多分6MT選んだと思います。

【エンジン性能】
最初はXDと320dの比較で考えていたのですが、320dは冷間アイドリング時の車外ノイズの大きさで選択肢から消えました。XDも冷間時のアイドリングではディーゼルらしい音はしていますが、体感的な音量はかなり小さいと思います。駐車場が音には気を使う場所にあるのですが、320dは、ディーラーで試乗車を出す時にエンジン始動した瞬間(私は、そぐそばに立っていました)にアウトでした。ボンネットを開けて見た訳ではありませんが、エンジンがブルンブルン震えているのが感じられるくらいでした。車内では静かなので、断音材やエンジンマウントには相当お金がかかっているものと思います。
XDのエンジンは、低回転ではディーゼルらしい音が聞こえてきますが、実際に乗っていての感触は、ディーゼルというよりVWの直噴ガソリンエンジンに近いように感じます。
車外の音で320dは脱落して、320iに乗ったところ、正直BMWだったらこっちでしょうと思い、以後320iが候補となりました。320iなら6MTも選べますしね。

【走行性能】
街乗りしか出来ていませんが、XDは2000-2500rpm辺りを使っていることも多く、特にノロノロ運転時にはトルコンのスリップも案外使っているのでは?という印象。これを低速でもたつくと言う人もおられるのかもしれませんが、私は乗りやすく感じました。
320dは、1500rpmかそれ以下でトントンとシフトアップして行き、スリップはXDより少ないのでは?と感じるほど。とても上手な制御がされているなぁという感しです。街乗りでは、好みの問題ではないかな?と。
マニュアル操作でのシフトの反応は、XDの方が良かったですね。VWのDSG並みか、もしかしたら(反応が)早いのでは?という印象。XDでハンドルのパドル使って2つ位シフトダウンさせての追い越し加速は楽しいです。これだったら6MTにこだわる必要はないかも?と思いました。

【乗り心地】
BMWの方がいいです。
XDは少しだけ速度を出せるところを走りましたが、80km/h以上だと19インチでも結構乗り心地はいいと思いました。低速では、軽く感じるハンドルも速度が上がるといい感じになって来ます。かなりの巨体なので、低速時のハンドルの軽さは取り回しを考えた意図的なもののように思います。この種のクルマを検討される方には必要十分な乗り心地ではないか?と思います。

【価格】
世界的に間違いなく先端のディーゼルエンジンを搭載し、最近流行の安全デバイスを一通り載せて、皮仕様の内装、さらに、ナビ・後席モニター・バンパーセンサー・リモコンスターター・エアロなど、ほぼフルオプションで、デザインも良いDセグのセダンが400万円というのは、結構安いのだと思いました(レガシィ、カムリなどの他の国産も含めて考えて)。
ちなみに、320dを同じ位の仕様にして行くと、定価ベースの込々で600万円を軽く突破してしまいました。今のところ、BMWは安全デバイスの展開にはあまり積極的ではないようで、安全デバイスを付けた在庫車はほとんどないとのお話でした。受注生産となると、はやり値引きも渋いような感じでした(あまり突っ込んだ話はしていませんが)。

【総評】
熟成を進めてDセグFF車のベンチマークといわれるようになってほしいです。
ポテンシャルは十分あると思っています。
[Source kakaku.com/


【h/nのひとり言】
初頭にも書かせていただきましたが、先日欧州セダンと並んで止まっていたのを見かけたのですが、デザイン・車格とも全く遜色なく感じました。日本の国産セダンは、同じセグメントの輸入車比較すると、何か別の車格な感覚がありましたが、このアクセラにはそれが全くありません。
輸入車一筋の方は、値段聞いたらびっくりするんじゃないでしょうか。そこまで思わせる車だと思います。インテリアの質感については、おそらくマイナーチェンジで煮詰めてくると思われます。そうすると、ますます素敵な車になってしまいますね(笑)
輸入車セダン一辺倒の方にも、是非比較対象にしてもらいたい、そんな車です。

参考リンク
マツダ アテンザ 発売から半年、購入した方の評価まとめ
マツダ 新型アテンザ&アテンザ ワゴン試乗動画まとめ。評価・レビュー(個人)


記事がおもしろかったら、『いいね!』・『シェア』・『ツイート』よろしくお願いします <(_ _)>


コメントを残す