デトロイト 破綻

デトロイト市が破綻!

アメリカの自動車産業を象徴する大都市として知られ自動車の街「MOTOR CITY」とも呼ばれるアメリカの中西部のデトロイト市が、18日、慢性的な財政難で資金繰りに行き詰まり、連邦破産法9条の適用を申請しました。




アメリカ中西部に位置するデトロイトは、アメリカ最大手の自動車メーカー、ゼネラルモーターズが本社を構えるなど、アメリカの自動車産業を象徴する大都市として知られています。(ゼネラルモーターズ、クライスラーの本社もデトロイトに隣接した都市にある)

しかし、地元の経済を支えてきた自動車産業の衰退が長期化し、2009年にはGMが経営破綻に追い込まれたこともあって人口の減少が続き、1950年のピーク時には180万人を超えていた人口が現在では70万人以下に落ち込んでいました。 このため税収の減少に歯止めがかからず、慢性的な財政難に陥っていて、18日、デトロイト市当局はミシガン州の裁判所に連邦破産法9条の適用を申請しました。

空き地と空き家だらけになったデトロイト

detroit

このため税収の減少に歯止めがかからず、慢性的な財政難に陥っていて、18日、デトロイト市当局はミシガン州の裁判所に連邦破産法9条の適用を申請しました。

負債総額は180億ドル(日本円で1兆8000億円)を超え、アメリカの自治体の財政破綻としては史上最大となります。
裁判所がデトロイト市の申請を認めた場合、裁判所の管理下で再建計画が作られ、債権者との調整など負債の削減に向けた手続きが進められることになりますが、行政サービスに影響が出ることも懸念されています。

記事がおもしろかったら、『いいね!』・『シェア』・『ツイート』よろしくお願いします <(_ _)>


コメントを残す